新日本海フェリーすいせんのお風呂。

スポンサーリンク

こんにちは、亀子です。

今回は北海道へ旅をしてきました。北海道へは自家用車で新日本海フェリーすいせんに乗って行ってきました。

何度か乗ったことがあるのですが、今回初めてフェリーのお風呂に入ってみました。

こちらがすいせん。

福井県の敦賀から北海道の苫小牧までの旅です。

お風呂の施設は?

入口です。最上階にありました。

脱衣所は100円返却式ロッカーがあります。ドライヤーもあります。

洗い場10箇所、ボディーソープ、シャンプー、コンディショナーあります。

内湯は2つに分かれています。フェリーなのに露天風呂もあります。

内湯は4、5人入ればいっぱいになる広さです。

露天は3人入れるかな、という広さです。

亀子の感想。

今回で新日本海フェリーに乗るのは5回目ですが、なんとなくお風呂は避けていました。

今回は、そんなにフェリーも混んでおらず、波も穏やかでしたので、初めて入ってみました。

普通のスーパー銭湯のような作りで、何の問題もなかったです。適時、清掃も入っておられ、安心して使用できました。

フェリーには長い時間乗っているので、お風呂に入って気分転換するのもありだな、と思いました。海の上の露天風呂も、なかなか経験できませんしね。

波が高い日は、入れないこともあるようです。

船室の様子。

いつもは和室ですが、今回は洋室にしてみました。ちょっとベットが狭いですが、和室より船の振動が少なく感じました。

左側にトイレがあります。

詳細情報。

舞鶴・敦賀・新潟・秋田と北海道を結ぶフェリー航路。津軽海峡をゆく快適なクルージングをお楽しみください。
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする