休暇村リトリール安曇野 長野県安曇野市にある休暇村のホテルに初めて宿泊。

スポンサーリンク

こんにちは、亀子です。

先日、休暇村のリトリール安曇野へ宿泊してきました。

休暇村といえば、国立公園や国定公園内に設置されたレクリエーション施設のことです。現在全国に37施設あります。

せっかくgotoトラベルをやっているので、どこか休暇村でのんびりしたいなぁと検索しておりました。

すると、今まで見たことがないリトリール安曇野というお宿を発見しました。

どうやら、休暇村がリゾート安曇野というお宿を買い取り、リニューアルし今年4月にオープンしたようです。

予約状況を見ていると、週末も平日もほぼほぼ満室!ですが、毎日チェックしていると、ぽつぽつキャンセルも入っており、土曜日に空室を発見しました。仕事で疲れてクタクタだったので、静養を兼ねて、、、と理由をつけて予約を取り行ってきました。

実は宿泊の前日の朝に予約を取ったのです。お宿より、前日の夕方に確認のお電話が入っていたので、安心しました。宿泊内容やアレルギーなど、あとはコロナについての確認事項でした。

今回は写真が多めなので、コメントにてサクッとお伝えします。

午後4時頃到着しましたが、すでに日は傾き始めてました。

駐車場から建物へ向かうと、こんな素敵なスペースがあります。焚き火ができるようですね。昼間は何もしていませんでした。

フロントです。こちらには暖炉があります。16時頃にチェックインしたのですが、やや混み合ってましたので、こちらで順番を待ちました。

チェックインを待ちながら、コーヒーや紅茶をいただきました。その奥はお土産物屋さんコーナー、って言い方が古いですね。お買い物ができます。置いているものもお洒落なものが多かったです。

暖炉の左側に図書スペースがありました。お洒落な言い方は覚えてません。。クリスマスツリーも飾ってましたよ。

2階にある大浴場です。駐車場からの玄関も2階なので、実質2階が1階のようなものです。

お風呂は、露天もありました。泉質はアルカリ性単純温泉。良くも悪くも特徴のないお湯でした。ここで温泉を引いているのではなく、安曇野の2つの源泉を混ぜているみたいでした。

露天の景色は、林のような森のような景色が見えます。他には何も見えなかったのは季節的なものなのか、ちょっとわかりませんでした。

ちなみに1階は普通の客室、3階はプレミアムな客室のフロアがあります。わたしは1番お安いプランでしたので、1階でした。

こちらが1番安いお部屋です。ビジネスホテルと比べると充分な広さです。さすが今年リニューアルしたので、綺麗です。窓際のソファーが置いている床は畳になっていますので、直に座れます。

このお部屋はバスルームがシャワーだけで湯舟がありません。大浴場があるのでいらないですが、お部屋でお風呂に入りたい人は、これより上のプランにするのが良いかと思います。

お水とみそまんじゅうが置いていました。お水もお洒落なペットボトルです。

お部屋にはひと通りのものはそろっています。お風呂に行くためのカゴもあり便利でした。

フロントの横からテラスへ出れます。テラスからフロント方面を眺めるとこんな感じです。なんか素敵な写真が撮れたと本人は思っているのですが。。。

食事はすべてこちらのダイニングでいただきます。ダイニングも2階です。プレミアムなお部屋の人はお食事場所が半個室と書いてましたが、どんな感じか見ることはできませんでした。。。私はある程度の広さで区切られている場所に案内されました。テーブル同士はやや離れているので、密は感じませんでした。

お料理はこんな感じで順番に出てきます。お野菜はおいしいです。さすが安曇野。あとは普通かな。。。休暇村ですし、そんなに高い値段も払ってませんから、そこは期待しない方がいいかと思います。

量は少なめなので、たくさん食べる方には物足りないかもしれません。

今回はgotoのチケットをいただいたので、すべて夕食の飲み物に使いました。。。日本酒とワインのボトルを1本。せっかくなので安曇野のワインをいただきました。ワインは全然分からないのでコメントできないです。。飲み慣れないので酔っ払いました。

19時半(だったと思います。。)から外で焚き火をたいてくれます。コーヒーのサービスもありました。私は19時から食事だったので終わる直前の焚火しか見ることができませんでした。ダウンジャケットも貸してくれますが、とにかく寒いです。星見キャンプファイヤーみたいな名前のアクティビティでしたが、酔っ払ってたので星は見忘れました。。

こちらは朝のテラスから撮った写真です。11月の安曇野はすごく寒いです。それでも、ウロウロしてしまいました。

朝はヨガをしたり、周りを散歩したりとアクティビティが少しあります。私は団体行動が苦手なので、個人で休暇村周りをお散歩しました。空気はいいですが、特に見どころはありません。

朝ごはんです。これに焼き魚、山賊焼き、ごはんにみそ汁がつきます。少しずつ食べるのが好きな人はすごく楽しめると思います。

少し残念だったのが、このプレートのお食事、ちょっと乾きぎみでした。朝食は7時半からと8時からに分かれています。私は7時半からでしたが、すでに乾燥ぎみ。。。8時からの方のプレートも机に並んでいました。ダイニングは暖房がガンガンかかっていたので、大丈夫かなぁと心配してしまいました。

食後はすぐにチェックアウトし帰りましたが、館内にはまだまだゆったり過ごしている方も多かったです。

全体的な感想として、施設はとても綺麗です。お値段もそんなに高くないので、安曇野の雰囲気を楽しむにはいいところだと思います。年配のご夫婦や女性向きですね。ただ、良くも悪くも休暇村だということは、納得しておかないと期待しすぎちゃうかもしれませんね。

こちらは2020年11月現在の内容です。

休暇村リトリート安曇野

北アルプスの麓に広がる安曇野穂高温泉郷に立つ、隠れ家を体験できるリゾートホテル。リトリートとは、非日常の空間で、自分と向き合い、新たな体験をすることができる場所です。周辺には美術館・博物館が立ち並び、芸術を感じることができます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする